BMキャピタルはどんな人におすすめ?BMキャピタルの向き不向きを徹底解説

  • BMキャピタルに興味あるけど、自分に合っているのかわからない
  • BMキャピタルへの投資を検討しているけど、なかなか一歩踏み出せない
  • どこのヘッジファンドに預けたらいいのか迷っている

BMキャピタルに興味があるけど、一歩踏み出せず慎重になっている方も多いかと思います。

私は、これまでに様々な投資手法を試し、失敗と成功を繰り返しながら、自分に最適な投資方法はどれか探った結果、BMキャピタルが最強だという結論に辿り着きました。

私の失敗談に興味がある方はぜひこちらの記事をお読みください。

【投資の羅針盤】当ブログの投資スタンスの全貌とコンテンツ紹介!各投資商品についてのレビューもあるよ!

今回は、その軌跡を生かし、BMキャピタルに向いてる人向いていない人というテーマで徹底解説していきます。

BMキャピタルへの投資を検討している方は、ぜひ参考にしてください。

まずはおさらい。

BMキャピタルの概要を簡単に説明していきます。

以下にBMキャピタルの概要をまとめました。

会社名BMキャピタル合同会社(BM CAPITAL)
会社住所東京都港区六本木7ー18ー1
代表森山武利(もりやまたけとし)
ファンドマネージャー面談時に確認可
運用資産高約180億円
設立年度2013年
平均年利10%以上
手数料申し込み手数料:5%
管理/成功報酬:6%〜(運用期間の中で最も高かった成果を超える場合にのみ成功報酬が発生。)
最低出資額原則1000万円以上
投資形態合同会社社員権出資
電話番号03-3403-2508
事業目的1.金融商品取引法に基づく有価証券及びデリバティブ取引
2.各種事業への投資
3.有価証券の自己募集
4.経営コンサルティング業務
5.前各号に附帯する一切の業務
ホームページBMキャピタル公式サイト
BMキャピタル概要

BMキャピタルは、2013年に設立された東京に本社を置く日本のヘッジファンドです。

東京大学や京都大学を卒業し、外資系投資銀行や海外ヘッジファンドの実務経験を有する経験豊富なメンバーが運用しています。

独自の投資哲学「損失を出さない」という理念に基づいて、長期的な視点で運用を行うことで、優れた投資成果を上げています。

なんと上記の図のように、BMキャピタルは、年間平均利回りが10%で、過去マイナスになった回数はゼロです。

投太郎
投太郎

直近6年間に至っては、資産価値は2倍にもなっています。

コロナショックでもマイナスを出さなかった超優秀ファンドです。

BMキャピタルの核となる投資戦略は、会社の本質的な価値に対して株価が安すぎる銘柄を発見し、そこに投資することで値上がり益を狙うバリュー投資です。

バリュー投資について詳しく知りたい方は以下記事を参考にしてみてください。

荒れ狂う株式市場を支配するバリュー投資とは?BM CAPITALも採用する「割安銘柄の長期保有」という投資戦略の実態

加えて、バリュー投資を最大限に活かすために、企業のイベントを捉えて投資判断を下すイベント・ドリブン投資や、投資対象企業の経営方針や事業内容の変更を求めて、株主の立場から積極的・能動的に関与する投資手法アクティビスト投資を組み合わせることで、BMキャピタルは市場平均を上回るリターンを目指しています。

そんなBMキャピタルに投資するためには、最低投資額は1000万円以上が必要となります。

2 BMキャピタルはあなたにフィットする?

それでは、これらを踏まえたうえで、向いている人とそうでない人を私なりに解説していきますね!

2-1 BMキャピタルにフィットしている人

BMキャピタルに向いている人の特徴をまとめましたので、以下に示します。

2-1-1 資産が2000万円以上の人

私の個人的な意見としては、他の記事でも何度も書いておりますが、余剰資金の30~50%をヘッジファンドに預けるのが良いと考えています。

2~3,000万円の余剰資金があってはじめて、ヘッジファンドを1,000万円分購入するようなイメージですね。

前述の通り、BMキャピタルの最低購入金額は1,000万円からですので、目安2,000万円以上の余剰資金がある方にお勧めしたい投資先だと考えています。

2-1-2 運用をプロに任せてほったらかしにしたい人

  • 投資に興味があるけど、めんどう。信頼できる専門家に任せたい
  • 情報がありすぎて、どれが信頼できるのかわからない
  • 毎日忙しいから、投資への時間を割くのは難しい

BMキャピタルは、そんなあなたに最適です。

BMキャピタルは、プロのファンドマネージャーがオートマチックに、あなたの資産を上記で説明した運用手法で、確実に拡大してくれます。

安心して家族サービスやゴルフに時間を割ける一方で、あなたの資産は黙々と成長を続けるのです。

投資の勉強に時間を費やすよりも、シンプルに沢山働いて、その運用は金融のプロであるファンドマネージャーに任せる、というお金の増やし方が最も効率的と言えるでしょう。

逆に、自身で企業情報を分析し、株価の正当性を見極め、分散ポートフォリオを組み、各国の金利を見ながら毎日リバランスの計算をする。

金融危機にも備え、ショートポジションも取ることを怠らず、リスク量を毎日計算し、適切なポジションであるか確認する毎日を送ることに抵抗がないのであれば、自身での運用を行った方が良い方といえるでしょう。

2-1-3 3年以上の長期投資を考えられる人

BMキャピタルが好んで使用している投資方法は、前述の通りバリュー投資であり、長期的な視点で運用を行うことで、優れた投資成果を上げています。

そのため、短期的な利益ではなく、長期的な資産形成を目指す人に向いています。

石の上にも三年といいますが、その言葉通り3年以上座り続ける覚悟がある人にはもってこいです。

2-1-4 士業や、医師、経営者や高給取りのサラリーマン

ネットで資産運用についてググると、「手数料のほぼかからないインデックスファンドを買うのが最強!」といった解説記事や動画がよく出てきます。

それは間違っていないと私も思います。

まとまった投資資金が用意できない場合であれば、そのような投資方法がベストです。

しかし、そんなインデックスファンドにも弱点があります。

それは、景気が良く、株の価格が上り調子であれば、右肩上がりには間違いありませんが、リーマンショックやコロナショックのように、景気が後退するような時には、価格の下落の煽りを受けずにはいられない点です。

その点、ヘッジファンドは、その市場への投資に限定されずに、株式投資、世界債券、金、世界リート、etc、その時最善と思われるあらゆる投資先が候補となり、どんな市況でも利益を出すことを使命としています。

 

ですから、士業や医師などといった高級取りの場合、数千万円といったまとまった投資資金を保有している方は、ヘッジファンドへの投資をお勧めします。

インデックスファンドをNISA枠内で購入し、1,000万円以上の余剰資金はヘッジファンドへ投入し、残りは現金で保有するのがオススメというのが私の基本的なスタンスです。

2-1-5 固くリスクの無い運用をしたい人

通常はリスクとリターンは表裏一体であり、リスクが低ければリターンも低く、リスクが高ければリターンも大きいのが一般常識です。

しかし、私の経験では、その常識が通用しない運用成績を出しているヘッジファンドが多く存在します。

投太郎
投太郎

つまり、「ローリスクハイリターン」ということです。

「ローリスクハイリターン」は、理想的な投資の組み合わせではないでしょうか。

そして実際に、世界トップクラスのヘッジファンドでは、リスクを抑えつつインデックスファンド以上の利益率を実現しているのです。

BMキャピタルも例外ではありません。

預金並みの安全性で、株式以上の利益が得られるのがヘッジファンドということです。

2-1-6 専門的な投資手法について勉強したい人

上述の通り、BMキャピタルが提供する運用報告書は、初心者にも理解しやすい形で設計されています。

投資に関する基礎知識を築き、さらにその知識を拡張していく上で、正確でわかりやすい情報源は非常に重要です。

この報告書は、投資の基本から学びたいと考えている人々にとって、運用の現状を把握し、市場動向や金融商品の理解を深めるための理想的な教材となります。

さらに、この報告書は単に情報を提供するだけでなく、投資における判断基準や思考プロセスを学ぶための実践的な例としても機能します。

読者は、実際の運用状況を通じて、投資判断を下す際に考慮すべき要因や、市場の変動に対する対応策を学ぶことができるのです。

2-2 BMキャピタルにフィットしていない人

BMキャピタルの向いていない人もまとめてみました。

2-2-1 資産が2000万円未満の人

2-1-1で記載した通り、ある程度の資金がない人が、無理やり投資をすることは言語道断です。

投資資金の1,000万円を捻出するのがギリギリな方にはお勧めできません。

まずは実業で稼ぐことに目を向けるべきでしょう。

2-2-2 自分で資産運用できる人

当然のことですが、もしあなたが、BMキャピタルが実践している投資手法以上のパフォーマンスを出す自信があるのだとすれば、絶対に自分で投資を行った方がいいでしょう。

しかし、ヘッジファンドのファンドマネージャーは、東大卒やハーバード大学卒でMBAも取得しているといった超高学歴のエリートであることは当たり前で、さらに、そういった人間たちが数多く集まるゴールドマンサックスやバークレイズといった世界屈指の銀行の中でも圧倒的な実績をたたき出すことができた選りすぐりの頂点の人間たちが、ヘッジファンドのファンドマネージャーとなっていることがほとんど。

 

中には天才数学者であったり、高校生になる頃には既に億単位の資産運用していた経歴を持つような選ばれし天才がファンドマネージャーを務めていることもあります。

BMキャピタルのファンドマネージャーも例外ではありません。

もし、あなたが、そんな天才たちがしのぎを削っている投資の世界で、BMキャピタルのファンドマネージャーよりも優れたパフォーマンスを発揮することができるのであれば、即刻転職することをお勧めします。

あなたは天才投資家として世間から注目を集め、超富裕層の複数を顧客に抱え、ファンドマネージャーとして成功をつかめる可能性が非常に高いといえるでしょう。

世界のトップは数千億円の年収を稼いでいるので、確実にいまの職業より稼げること請け合いです。

2-2-3 3年未満の短期的な利益を重視する人

BMキャピタルは、前述の通り、バリュー投資がメインであり、長期的な視点で運用を行います。

  • 今年中に資産を増やしたい
  • すぐに結果が欲しい

そういった方には向いていません。

2-2-4 爆益にしか興味がない人

BMキャピタルの投資手法は、前述の通りバリュー投資がメインになってきます。

そのため、リスクが限りなく低い投資先としては非常に優れているのですが、逆にいわゆるテンバガー(株価が10倍になる銘柄)みたいな夢物語は滅多にありません。

  • 一気に資産を倍にしたい
  • 10倍になるか借金を背負うか、そんなひりつくような刺激が欲しい

そんな欲望を抱いている人には向いていないでしょう。

そういった方は、個別株やFX、仮想通貨といったギャンブル性の高い投資を検討してみてはいかがでしょうか。

3 さいごに

いかがでしょうか。

BMキャピタルは、今すぐに莫大な利益を望む方には向いていないので、BMキャピタルへの投資はしないほうが良いと思います。

投太郎
投太郎

逆に、長期的な目線で、堅実に利益を上げていくことに対して、前向きな方には、BMキャピタルは本当にお勧めです。

家族とのひとときやゴルフに興じている間も、BMキャピタルがあなたの資産を確実に増やし続けます。

あなたは何もする必要がないのに、資産は着実に成長していくのです。

今から始めて年利10%で運用すれば、7年後の2030年には、資産が約倍になります。

以下は、年利10%で回した時の資産運用シミュレーションです。

経過年数金額
現在10,000,000
1年後11,000,000
2年後12,100,000
3年後13,310,000
4年後14,641,000
5年後16,105,100
6年後17,715,610
7年後19,487,171
8年後21,435,888
9年後23,579,477
10年後25,937,425
年利10%で回した時の資産運用シミュレーション

もしご興味があれば、該当するファンドとの直接面談をお勧めします。

ファンドのパフォーマンスやリスク管理のアプローチについて直接話を聞くことで、より深い理解が得られるでしょう。

お問い合わせについては以下記事を参考にしてください!

【経験者が解説】BMキャピタル購入ガイド!問い合わせから購入までの具体的な流れ!あなたの不安を粉砕します。